雲台ご愛用者の方から、ご提供いただいた素敵な写真をご紹介します

札幌在住のプロカメラマンのN・S様より

NS様撮影オーロラ.jpg

撮影者のN・S様のコメント

(原文のまま抜粋)

昨年12月にカナダのイエローナイフでオーロラの撮影を行いました。北海道在住の私でさえ嫌気のさすほどの寒さの中、この雲台のすばらしさがわかりました。気温はー31度、撮影時間は約4時間にわたりましたが、途中でぎくしゃくすることもなく順調に撮影に集中できました(若干動きが重くなりましたが)。カメラのファインダーは息を吹きかけないようにしていましたが、完全に結露し、ファインダー内の暗さも伴ってほとんど見えませんでした。今まで培ってきたレンズの画角の感覚と撮影後のモニターを手がかりに、激しく動くオーロラをとらえ続けました。

 

撮影データ

カメラ:   キヤノンEOS5DmarkW 5

レンズ: フィシュアイEF15mmF2.8  f2.8

感 度: ISO3200 

三 脚: マンフロット190T

雲 台: プロスパインP-75ALP 

気 温: −31℃

撮影時間:約4時間連続で撮影


宮城在住のY・S様より

D70_9356a-hanabi.jpg 撮影者Y・S様のコメント
(原文のまま抜粋)

大曲の花火です。すごい花火連発しています。もっといい写真を載せたいのですが、なかなか撮れないものですね。

 

雲台は申し分ないのですが・・・

あとは撮る人の腕でしょうね(笑)

 


 
撮影データ
カメラ : ニコンD7000
雲台  : P-N75ALP

宮城在住のY・S様より

2014年10月8日の皆既月食 撮影者Y・S様のコメント
(原文のまま抜粋)

2014年10月8日の皆既月食です。大崎市内のとある高台で撮影しました。

カメラは三脚・雲台でしっかり固定し、インターバル撮影の設定にしてあとは放置。

もし撮影中にカメラが動いたら失敗ですが、合成してみたところ、動いた様子もなく初めて撮ったわりには上出来でした。 
「部分食の始まり」
D70_5941-05 (33)A4P-moon.jpg
「皆既食」
D70_6011-53 (22)A4P-fullmoon.jpg
撮影データ

カメラ : ニコンD7000
雲台  : P-N75ALP

「部分食の始まり」
撮影時間 : 約1時間
2分おきに撮影したものを33枚合成

「皆既食」
撮影時間 : 約1時間
2分おきに撮影したものを22枚合成



▲このページのトップに戻る